本文へスキップ

退行催眠と催眠療法

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-718-4554(10時〜21時)

土日祝も営業しております。完全予約制です。

退行催眠は効果があるのか?




退行催眠は効果があるのか?

結論から言いますと・・・
最も深い催眠状態に入れる方には素晴らしい効果を
もたらしますが、

それ以外の方には、ただのストレスにしかならない。




退行催眠というのは、患者の記憶を、トラウマがあった過去、
または前世にまで戻すことで、心の傷を癒す治療法です。

これにより、潜在意識にある悪い記憶を消去でき、
患者のその後の人生がとても楽にすることができます。

現在、「ヒプノセラピー」と看板を出しているほとんどの
ところで行われています。

*ヒプノセラピーとは、催眠療法のことです。




■でも問題点があります。

退行催眠を成功させるには、もっとも深い催眠状態に誘導する
必要があります。

浅いレベルでは記憶を退行できません。

もっとも深い催眠状態に入れる方は、誘導の上手いセラピストの
場合でも10人中1人くらいです。

記憶が退行するということは、過去の記憶を客観的に思い出す
感じから、主観的になるということです。

思い出しているのではなく、意識全体がその時に戻っている
ような状態です。

よって感情が吹き出し、怯えたり、涙を流したり、叫んだり
してしまいます。

こうすることで患者が過去の体験を再体験して、
それをセラピストと共有するのです。

そして魂を癒して、傷を消していきます。




■しかし、催眠状態が浅いと、こうはいきません。
患者側は、「セラピストに申し訳ないので頑張って思い出そう」
としてしまいます。

意識的に、こうかなと思う、過去を強引に思い出すだけに
なります。

これではストレスがかかりますし、やっても意味がありません。




■退行催眠は、患者側が深い催眠状態に入れるのを
確認してから行うかどうかを決めるのがベストです。


■過去のトラウマは、別に退行催眠を行わなくても、
癒すことはできます。

とい言いますか、元々私たちの心にも自然治癒力があります。
体の傷も自然に治っていくように、心の傷も自然に治す力を
持っているのです。

それをわざわざ退行催眠でほじくり返すほうが良くないと
考えます。

せっかく治りかけて、かさぶたができているのを、ベリっと
はがすようなものです。

基本的には傷は放置です。
それよりも、自分を愛して、他人を許して、そんなことで、
メンタルそのものを強化することに力を注ぐべきだと
私は考えています。



■もちろん、退行催眠が必要な患者もいます。
自然治癒できないほど、傷が深すぎる場合です。

そういう方は、深い催眠状態に入りやすくなっています。



■やみくもに退行催眠を行うことはおすすめできません。




Kamatani Mental Support催眠療法カマタニメンタルサポート

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1丁目14-14
御園パレスビル5F
TEL 052-718-4554 

 


催眠療法トップ|セラピスト紹介|コース料金案内|セラピー方針|クライアントの声|アクセス|無料メール相談|催眠療法とは?|特商法表記