本文へスキップ

心の病気が起きる仕組み

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-718-4554(10時〜21時)

土日祝も営業しております。完全予約制です。

心の病気が起きる仕組み


なぜ心の病になってしまうのか、
これには脳が密接に関係しているとされています。

たとえば、統合失調症は心の病の1つですが、
その原因には脳が作り出す脳内物質が関係していると考えられています。


その物質がドーパミンです。
ドーパミンが発生すると人は気分が高揚し、一種の興奮状態になります。


ですが、この状態自体が悪いという事ではありません。

友人と遊んで気分が盛り上がる、これもドーパミンの作用によるもの
ですし、やる気が出るのもドーパミンのおかげです。


ですが、ドーパミンが過剰に分泌されると問題が起きてきます。

脳が以上に興奮した状態になってしまい、これが心の病に引き金に
なってしまうことがあるからです。

心の病の原因は過労や人間関係によるストレスが大きな原因と
されています。

この時、ストレスによって脳内にもなんらかの変化が
起きているわけです。

脳内に変化が起きることで体、そして心にも障害が発生し、
心の病としての症状が出るという仕組みです。

うつ病など、薬を服用して治療をすることがありますが、
この時服用する薬も脳内に作用するものがほとんどです。

過剰に分泌されている脳内物質、または必要な量が分泌されていない
脳内物質をコントロールし、心の病の症状を改善、軽減するわけです。

一般的に、心の病というと脳とは関係がないように思えます。
心の病なのですからそれは当然です。


しかし、心と脳はつながっており、心、もしくは脳に変化が起きると
病として症状が出てくるということになります。

とはいえ、脳の働きを意識してコントロールするというのは
非常に難しいものです。

心の病を防ぐためには脳に障害が発生しないよう、日常の生活の中で
気をつけることが大切です。

特にストレスは心の病の大きな原因になりますので、
なるべくストレスを溜めこまないようにすることがポイントに
なってきます。


仕事でもプライベートでも、ストレスを感じることは多いと
思いますが上手にストレスを発散する方法を見つけましょう。



このページの先頭へ

Kamatani Mental Support催眠療法カマタニメンタルサポート

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1丁目14-14
御園パレスビル5F
TEL 052-718-4554 

 


催眠療法トップ|セラピスト紹介|コース料金案内|セラピー方針|クライアントの声|アクセス|無料メール相談|催眠療法とは?|特商法表記