本文へスキップ

心の病気について

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-718-4554(10時〜21時)

土日祝も営業しております。完全予約制です。

心の病気について


病気になるのは体だけではありません。
メンタルという部分も病気になってしまうことがあります。


代表的なメンタルの病といえばうつ病になるでしょうか。
1日中気分が沈んでいる、やる気が出ない、朝起きることができない、
眠れない、食欲が出ない、こうした症状を感じる場合はうつ病の
可能性があります。


この他にも、統合失調症、適応障害、パニック障害、睡眠障害、
アルコール依存症などもメンタルの病として考えられています。


では、メンタルの病にかかりやすい傾向というのはいるのでしょうか。
あるアンケート調査によると、うつ病になっている人がもっとも多い年代は30代という結果が出ています。


次いで40代で、いずれも働き盛りの元気な年代ということができます。


体の病気の場合、年齢の増加とともに病気になりやすいと言うことができますが、メンタルの病は決してそうではないことがわかります。


さらに、うつ病になっている人の職業を見てみると、IT関係をはじめとする専門的な技術職の方がもっとも多いとされています。

こうした職業は毎日の労働時間が長いことが多く、また、休日出勤をしなければならないことも珍しくありません。

過酷な労働によって肉体面だけでなく、メンタル面にも大きな負担がかかっていると言えるでしょう。
人間関係も大きな影響を与えていると考えられます。

職場での人間関係に悩んでいるという方は多く、こうしたこともまた負担をかけてしまう理由となっているのでしょう。

こうした結果を見ると、メンタルの病には精神的な負担、つまりストレスが大きく関わっていることがわかります。

毎日の仕事の中で私達はさまざまなストレスを感じています。

これがメンタルの病を引き起こす引き金の1つになっていると考えられ、だからこそ30代、40代の働き盛りの年代に病気になってしまう人が多いのでしょう。

現代ではこうしたメンタルの病は重要な問題となっており、ストレスなどのケアを企業ぐるみで行おうという動きが出ています。





Kamatani Mental Support催眠療法カマタニメンタルサポート

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1丁目14-14
御園パレスビル5F
TEL 052-718-4554 

 


催眠療法トップ|セラピスト紹介|コース料金案内|セラピー方針|クライアントの声|アクセス|無料メール相談|催眠療法とは?|特商法表記