本文へスキップ

原因は自分の中にある

TEL.052-718-4554(10時〜21時)

土日祝も営業しております。完全予約制です。

苦しみの原因は自分の中にある    




もしあなたが、問題の原因は自分の外にあると考えるなら、その考えそのものが問題です。

問題の原因は100%自分の中に存在します。


あなたは今、どんなことで悩んでいますか?

健康や症状のことですか?人間関係ですか?仕事やお金ですか?家族のことですか?

とにかく、追い込まれた苦しい状況を変えたいのであれば、まずは自分自身を変えようという意識に変えてください。

「病気が治らないせいで、辛い」
「この症状のせいで、会社に行けない」
「トラウマのせいで、俺はこうなったんだ」
「親のせいで、私は不幸だ」
「お金が足りないせいで、将来が不安だ」
「子供が不登校のせいで、苦しい」

多くの人は、このように原因は外にあると考えてしまっています。そして、その呪縛から抜け出せないでいます。

「今までの私は間違っていた!」
「原因は外にはない、原因は自分の中にあるんだ」
「自分の中を見つめよう」



このように意識を変えることが、悩みを解決する最初の重要なステップです。

「あれさえ良くなればいいんだ!」
このように考え、自分自身と向き合わない人は絶対にその問題を本質的にクリアすることはできません。


例えば、うつ症状のせいで、自分は辛いんだと考え、薬で症状を抑えて楽になったとしても、それは本当の意味で楽になったわけではありません。同じ苦しみがまたやってきます。

お金が足りないせいで自分は不安なんだと考え、お金を一生懸命に貯めていっても、結局はお金が足りない状況に戻ってしまうのです。

ですから、自分の中と向き合う必要があります。
具体的には、どうすればいいのでしょうか?

例えば、うつの場合、自分がうつになるのは、心の空虚感を埋めるためのアピールであるということです。
潜在意識の自分が、うつになることを望んでいます。

周りにかまってもらったり、心配されたりしたいから、うつになっているのだということです。

それを自覚することです。

すると、うつを克服することよりも、「心の空虚感ができた原因はなんだろう」ということが考えられます。

すると、

「幼少期の親子関係に問題があるからかな?」とか、
「良い人に思われたいという気持ちが強すぎたかな?」など、いろいろと内面のことが見えてきます。

これが自分の内面と向き合うということです。


Kamatani Mental Support催眠療法カマタニメンタルサポート

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1丁目14-14
御園パレスビル5F
TEL 052-718-4554 

 


催眠療法トップ|セラピスト紹介|コース料金案内|セラピー方針|クライアントの声|アクセス|無料メール相談|催眠療法とは?|特商法表記